株式投資「テクニカル分析」初心者に分かりやすいおすすめ本

株式投資「テクニカル分析」初心者に分かりやすいおすすめ本 テクニカル分析

株式投資(テクニカル分析)

テクニカル分析とは何か?

株式投資の中でテクニカル分析とは、ローソク足や移動平均線、各種テクニカル指標を用いて株価を予想する分析方法。
過去のチャートやテクニカル指標からある程度先の株価を予想することができる。
細かな企業分析や業績予想ができなくてもチャートから得られる情報だけで株価を予想することができる。
そのため、デイトレードや短期売買では特に業績予想などのファンダメンタルズではなくテクニカル分析が知識として必要となってくる。

短期売買ではなくてもテクニカル分析が出来なければ、無意味に割高な株価で買うことになり勝率を落としてしまったり、保有期間を長くしてしまい結果的に利回りを落としてしまったり、含み損の期間を長くしてしまう。
勝率を高め、長期的に株式投資をする上で最大限の利益追求を行うためにも押さえておきたい。

株式投資初心者がテクニカル分析を学ぶには、最初は本が良い?

昔と比べて株式投資の勉強方法は増えてきた。その中でも書籍による学習方法は、最も安い。
しかも、結局は経験し会得し利益を出し続けることができるようにならなければ意味がない。
知識だけを叩きこむまでならば、バイブル本を読み込むことは最もコストパフォーマンスが良いため推奨方法となる。

ぜひ、テクニックの基本から1つ1つ理解してからテクニカル分析の限界まで行きついて欲しいと願います。

投資家・投機家・トレーダーがKindleを絶対に選ばない理由

Amazonや楽天などのECサイトで本を買う人は多いのではないでしょうか。
投資家や投機家、トレーダーの領域で活躍する人たちは、実は紙媒体の本を好んでいます。

そう!Kindleを使わないのです。それは、なぜか?
まず、1つは目を疲れさせるからです。
目が疲れたらトレード能力が低下します。
疲れは人間の判断に悪影響を及ぼす大きな要因だからです。
わたしたちは、自らのルールに従って最良のトレードを目指しています。
知識や知見を得るだけで目を疲れさせているようでは、効率的で継続的なスキルアップができません。
また、一日のネット視聴時間は、長時間化する傾向です。
もちろん、トレードだけではなく遊びや他の調べごとにもネットを利用し、目を疲れさせていきます。

もう1つの理由は、書籍であれば中古で売れます。
あくまでも当サイトで推奨する本は、内容のデキが良いものという基準で厳選しています。
価格が高いものもあります。
しかし、株やFXのテクニカル分析本は、値段が高いものも多く、中古価格も高止まりする傾向にあります。
自分にあったものでなければ、Amazonやヤフーオークション等で売却しましょう。

Kindleではなく書籍だからこそ、 目の疲れを抑制することが出来ますし、トータルコストが実は低いのです。

専業の方にも兼業の方にも書籍による本購入をおすすめしています。

初心者向けテクニカル分析の本

〈相場に勝つ〉ローソク足チャートの読み方

〈相場に勝つ〉ローソク足チャートの読み方

ローソク足チャートのみに特化したテクニカルチャート本。
まず、投資家にとってローソク足は学ぶ中で必須科目に値してくるものです。
ローソク足1本で見た場合の読み方、ひげが付いた場合、十字足や塔婆、トンボなどが紹介されており、前後複数のローソク足との組み合わせで読み解く場合を中心の解説しています。

また、チャート全体の形と組み合わせることで精度が高まるものです。
陽線や陰線の長さ、ひげの長さで読み解くべき相場の雰囲気も解説があります。
また、過去にあった個別銘柄の相場から解説しています。

テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる! 株の教科書)

 

テクニカル指標の読み方・使い方 (儲かる! 株の教科書)

株式投資によく使われるテクニカル指標を全体的に網羅した解説本。
ハズレ・ダマシの紹介とともに、避ける方法も解説しています。
ハズレ・ダマシをどの点で判断すべきかアドバイスを求める場合に良いのではないでしょうか。
オシレーター系指標・トレンド追随型指標をそれぞれ用いています。
上記の〈相場に勝つ〉ローソク足チャートの読み方との組み合わせに使いやすいです。
ローソク足とMACDやストキャスティクス、RSI等との組み合わせは、トレード精度の向上に大きく近づくことができるため、自信を深める分析となります。

ケイ線・チャートの読み方・使い方 (儲かる! 株の教科書)

ケイ線・チャートの読み方・使い方 (儲かる! 株の教科書)

支持線・抵抗線などのトレンドラインを引き、ケイ線を使用する。

ケイ線とチャートの組み合わせをメインとした場合のチャートの読み方を解説している。

デイトレード

デイトレード

投資スタイルがデイトレードの場合での解説本。

損失のコントロールやリスク管理をメンタル面でどのように処理するか。
自らの心理の中に潜む内なる敵の処理の仕方に触れるものとなっている。
具体的な投資術でのコントロールではない。
ジャンルとしては、投資心理学に近い。

テクニカル分析 最強の組み合わせ術

テクニカル分析 最強の組み合わせ術

元楽天証券で現インベストラスト代表である福永博之さんのテクニカル解説本
福永博之さんは、日本テクニカルアナリスト協会副理事長も務めている。

投資の世界ではダマシが発生しますが、このダマシを
テクニカル指標の組み合わせによって投資判断の精度を高めダマシを回避する。
ボリンジャーバンドとMACD、移動平均線とストキャスティクス。
複数の投資指標の組み合わせで最大パフォーマンスをあげていく。

ボリンジャー・バンド入門 ― 相対性原理が解き明かすマーケットの仕組み (ウィザード・ブックシリーズ)

ボリンジャー・バンド入門 ― 相対性原理が解き明かすマーケットの仕組み (ウィザード・ブックシリーズ)

ボリンジャーバンドを開発したジョン・ボリンジャーの解説本。
ボリンジャーバンドそのものから強力な指標ではあるが、
丁寧に他の指標との組み合わせを通じた投資判断の強化も解説している。

FX 一目均衡表ベーシックマスターブック

FX 一目均衡表ベーシックマスターブック

福永博之さん解説の一目均衡表の解説本。

FXを前提とした解説本ではありますが、

比較的に一目均衡表の解説本の中でも良心的価格設定とされている。

定本 酒田罫線法

定本 酒田罫線法

この酒田罫線法は、テクニカルアナリスト試験に向けての推奨本でもある。
酒田罫線法は、反転後・反落後のローソク足への再評価のような指標。
押し目買いや押し目売りをする際に特に使いやすい。

プライスアクションとローソク足の法則 ――足1本の動きから隠れていたパターンが見えてくる (ウィザードブックシリーズ)

プライスアクションとローソク足の法則 ――足1本の動きから隠れていたパターンが見えてくる (ウィザードブックシリーズ)

ローソク足について詳細な法則を解説している。
移動平均線から乖離したローソク足を処置する場合。
新たなトレンドのような動きをした場合のローソク足を使った評価方法。
他の解説本より詳細な傾向がある。

プライスアクショントレード入門――足1本ごとのテクニカル分析とチャートの読み方 (ウィザードブックシリーズ)

プライスアクショントレード入門――足1本ごとのテクニカル分析とチャートの読み方 (ウィザードブックシリーズ)

トレード手法を学んでいくと難しい指標を使いたくなってくる。
テクニカル分析を極めていくとあらゆる変化を生む。
金融商品、あらゆる株式銘柄の中から最善の選択を選べるようになる。

さらに、コンスタントに利益を上げ続けられる。
効率的な利益を上げ続けることも出来てくる。

タイトルとURLをコピーしました