【テクニカル分析】RSIとは?見方・設定・売買シグナルを教えます!

RSI テクニカル分析

RSIとは?RSIの特徴

RSIとは、オシレーター系のテクニカル指標です。
買われ過ぎ・売られ過ぎを判断するのに使えます。

RSI計算式

 

RSI計算式

RSIは対象期間を設定し、その期間中の値上がり幅の合計と値下がり幅の合計を代入するだけです。

RSIの対象期間

RSIの対象期間は、日足と週足で以下のとおりです。

RSIの対象期間(日足)

  • 9日間
  • 14日間
  • 22日間
  • 30日間
  • 42日間
  • 52日間

RSIの対象期間(週足)

  • 9週
  • 13週

RSIの使い方

RSIの見方

RSIチャートの買われ過ぎ・売られ過ぎ

RSIの特徴は、買われ過ぎ・売られ過ぎを判断するものでした。
そして、RSIは一般的に70%以上を買われ過ぎ30%以下を売られ過ぎと定義しています。

RSI(ダイバージェンス)

RSIのダイバージェンス

RSIのダイバージェンスには注意が必要です。

画像の中で、矢印で示している期間は売られ過ぎを示す期間に入っています。
しかし、株価はそのまま上昇を継続しています。
株価が上昇し続けた場合は、RSIが高値で張り付く傾向にあり機能しなくなることがあります。

RSIのダイバージェンスに対処する方法

他のテクニカル指標との併用

私の1番のおすすめは、他のテクニカル指標との併用で精度を高めることです。
RSIに対しては、あくまでも過熱感だけを見る参考値程度で見ることになります。

MACDやストキャスティクス、ボリンジャーバンドとの併用が人気です。

RSIが反転する地点でのトレード

RSIの反転反落での売買手法これは定義に少し癖を持たせた解釈を追加することでRSIと株価の相関性を高める方法です。

RSIが70%以上を買われ過ぎという定義ではなく、RSIが70%以上に一度上がり、70%以下に落ちてきたところで売りエントリーするという方法です。また、逆の場合は30%以下に一度下がったところから30%以上にRSIが上がってきたところを買いエントリーとするという方法です。

逆方向に熱が出始めたという点で反転・反落の確認ができるという方法になります。

画像の四角い赤の部分で売りエントリーまたは利益確定を考えるのではありません。
ピンクの丸でRSIが反落していくポイントとなっていますので、ここが判断基準になってきます。

ピンクの丸のポイントであれば、その後の株価は短期間であれ下落しています。

テクニカル分析に役立つ本


テクニカル分析に役立つ本

テクニカル分析のおすすめ本をまとめました。

関連コラム


MACD

タイトルとURLをコピーしました